調教 

1263721024-20100117134218.jpg
1月17日


3歳馬の調教をみせてもらってます。
乗ってすぐ終わることもあれば、今日なんか乗って調馬索して、と2時間半ぐらいかけました。
馬が反抗していうことをきかない時は、みていて辛かったけれど、それをそのままにしたら手が着けられなくなってしまうんだよ。ときいて、確かにそうだって思った。でも他に違ったやり方はないのかな?!
人の指示をきいてくれる馬に育てる為には、人の怖さも教えなければいけないのでしょうか?


レストランの看板作りもしました!カンナをかけて文字をペンキで塗りました。
これで商売繁盛だ(^-^)v

コメント

調教としつけの相違点?!

有名なさるまわしの“次郎”に、芸をしつける(教える)様子をTVでみました。それは“根きり”とかいって次郎の顔を床に押し付けるようにして気管(のど)を塞ぐようにし、断末魔の時に発する「キーッツ」という声(うめき声)を出させていました。これによって絶対的な主従関係をしみこますとか・・・・。一見には、いじめ(?)とみえる光景でしたが・・・・。芸のしつけには不可欠なのでしょうか。
そこまでして“芸”をさせる必要があるかどうかは・・・・また“むずかしい”お話なのでしょうかねえ?さっちゃん。

看板・・・お客様が大入りしそうです。

majic dragonさん

しつけは大切ですもんね!小さな反抗からつみとっていくことが本当に大事だなって思いました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umatabiwithlove.blog69.fc2.com/tb.php/63-2b9ebf3e