クライスデールに会いに 

12月26日

フェーリエンドルフ休暇村に行ってきました
9月にやってきた『クライスデール』という種の馬に会うためです。
『クライスデール』は、スコットランドのラナーク地方原産で、石炭を運搬する重挽馬として発展。温厚で気性が優しいといわれ、大型の馬の割には動きが機敏で乗合馬車を引く馬として長く用いられてきたそうです。日本には6~8頭ほどしかいないらしい

最初にお目にかかったのは、ポニーのミント君。

P1480588_convert_20111226150021.jpg


P1480596_convert_20111226144852.jpg


観音扉には、なぜかうちの牧場のステッカー

そして、顔を覗かせているのが、


P1480591_convert_20111226145446.jpg

クライスデ-ルのアルフレッド君です。


P1480592_convert_20111226145613.jpg


P1480594_convert_20111226145143.jpg

やっぱり大きいですね~体高170cm。体重800kg。
帯広競馬場の挽馬よりは、お尻もシャープな感じ


P1480595_convert_20111226145015.jpg

年のせいか動きはゆっくりの気がしましたが、とってもマイペースなかわいいおじいちゃんでした
いつか乗ってみたいなぁ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umatabiwithlove.blog69.fc2.com/tb.php/432-eb16f929