ノーザンファーム 

12月19日

3日ぶりに太陽が顔を出しました

今日は先日の出張の様子をお伝えします。

4時起きで、ツルツルの路面を走り、千歳近くのノーザンファームについたのは8時過ぎ。
ノーザンファームは、1つの街ほどの広さで牧場内は車で移動。
9時から格厩舎をまわり、実際に問題のある馬を説明しながら問題解決していきます。
その後、座学によるナチュラルホースマンシップの講義。
昼食後は丸馬場でリバティの講習。屋内馬場でリーディングの練習。新人さんを対象とした座学…と分単位で動きます。トイレに行く暇もないくらいでした。というか、トイレに行ったら車に乗り遅れたぐらいです

当日は本当に寒くて、2日目は大荒れで雨も降り、屋外で見学している方は凍えそうだった~
(後からきいたら、-17℃だったらしい。)

夕食はトップの方々との会食。その後ゲストハウスにて、厩舎長さん達と懇親会。中締め後、飲み会が始まり、最後は身内で飲み続け、2時過ぎに就寝。眠かった~。

P1470258_convert_20101219175740.jpg

  豪華なゲストハウスでした

と、その4時間後には起きて、熱いシャワーで目を覚まし、朝の運動を見学。
走路の様子は管理塔のモニターでみることができ、すべてビデオに録画されるそうです。

P1470260_convert_20101219175851.jpg

走り方がおかしい馬がいたので、一緒にみていた獣医さんにきいてみると、「破行してるね~」とチェックされていました。
前日顔をあわせた厩舎長さんや、乗り手の方が、私に気づいて挨拶してくれました

みていると、自分も乗ってみたくなった

なんて、ぼやぼやしていられません
20分後にはゲストハウスに戻り、慌しく朝食をかきこみ(その時点でかなり時間がおしていたので)すぐさま移動。

ビッチリ5時まで仕事をして、大荒れの中、十勝へ。寮に着いたのは22時をまわっていました。

いくつか競走馬の牧場を見学させてもらいましたが、イヤーリング(1歳馬まで)の繁殖・生産部門や、育成の調教部門も面白い
もっと馬をみれるようになったら、格部門を1週間ぐらい研修に行ってみたいです。


ラブもみんなが気づかないぐらい大人しくしていて、ゲストハウスのおばちゃんや懇親会にこられた厩舎長さん達にも可愛がられ、とってもお利口さんでした。

それにしても、過密スケジュールの2日間。
体力的には大変だったけれど、普段みれないものをみれたり、うっかりご馳走をいただけたり(笑)、たくさんのことを感じられて心は満足していたので、翌日の早起きも頑張れました

コメント

ノーザンファームでの経験や人との輪が広がって良かったねv-221

美味しい物うらやましす。

それにしても、-17度の中?
死んじゃうよ~~~~~v-12

新しいジャンパーで行ったの????

マイコーへ

うん、あのジャンバーでいったよ。
中に薄手のダウン着てたけど、それでも寒くてヤバかった~v-237

そしてそのジャンバーをみんなに自慢をしていた人物が1人(笑)。

上司思いで涙が出るわv-406
(笑)

マイコーへ

でしょ?

出張先に荷物を送ることになったので、クリスマスプレゼントに温シップをいれてあげた、可愛い研修生です(笑)。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umatabiwithlove.blog69.fc2.com/tb.php/281-bb7f83cb